物件を探すポイントとは

看護師の場合は、仕事や勤務体系が不規則なことから、福利厚生のある寮での生活を選ばれる方が多いようです。家賃の負担も少なく、看護師寮として生活しやすい環境が整っていることが魅力のようです。

しかし、仕事にも慣れてくると、自分の好きな生活環境に憧れ、一人暮らしを始めたいと思われる方も多いようです。このとき、注意しないといけないことが、一人暮らしをするときの物件選びです。特に女性の場合、家賃や住みたいエリアなどの一般的な条件だけで決めてしまうと、失敗してしまう恐れがあります。

女性看護師が一人暮らしをする物件を選ぶときのポイントは、セキュリティです。女性の一人暮らしは、安全性を重視することが必要であるため、防犯設備がしっかりしているところがいいでしょう。特に、看護師という職業は、日勤、準夜勤、夜勤などの変則的な勤務で家をあけることが多いですし、仕事にでかける時間帯もバラバラです。空き巣などの被害に遭わないように、家を空けていることがバレないようにする工夫も必要となります。

さらに、昼夜が逆転した生活になることもある看護師の場合は、日中静かに眠れる環境や深夜や早朝に家を出入りしてもトラブルにならないようなところを探すこともポイントです。毎日生活をする環境になるため、少しでもストレスになる住居環境は、体や仕事面でもふさわしくないでしょう。

不動産会社で一人暮らしの物件を探す場合は、看護師という特殊な職業であることを理解してもらったうえで物件探しをしてもらうようにしましょう。